イメージ画像

バイセクシャルとして男女両方の気持ちから何万組の様々な年齢層の出会いを見てきました

プロフィール

【このページ内の記事】


私「TOSHI」は、ぶっちゃけ男性とも女性とも合わせると200人以上の交際経験があるバイセクシャルです。

だからこそ男女の性別を超えて、男性を好きになる、彼氏が欲しい女性と同じ気持ちになることができます。

これまで、社会人として7年間、30代や40代の出会いの場所を提供する恋愛を応援するエージェント会社の現場で正社員のアドバイザー、カウンセラーとして働いてきました。

彼氏ができない女性の恋愛を仕事として、応援しながら見てきました。

どうしてもボーイフレンドが少しでも早く欲しいと、焦りから高い入会費を払って会員になって、長期に渡って月会費をいくら支払っても結婚はおろか、彼氏もできない出会いもない状態がずっと続いたまま、理由もわからず歳だけ重ねていく女性も何人もTOSHIは見てきました。

今までいくら頑張っても出会いがなかったり、恋愛はしていても、片思いが実らずに彼氏が欲しいのにできなかった女性や、30代や40代で初めてボーイフレンドが簡単にできた方などの独身からの成功例も割合多く見てきました。

しかし、その反面でその数倍以上の数えきれないくらいの沢山の女性が、恋愛で失敗する姿もTOSHIは見てきました。

その中には、申し訳ないですが、所謂ブサイクと判断せざる女性だけでなく、容姿的には、社会人で20代以上の男性なら、30代でも40代でも誰もが振り向くような交際相手がいないことや彼氏があっという間にできないことがおかしい美人の方もいました。

彼氏ができない女性には、共通点が必ずあります

けして容姿が良い女性から順番に出会いの場所で彼氏が欲しいと言えばできていったわけではありません。

実は、バラバラの様に見えてボーイフレンドがどうしてもできない女性にはいくつかの理由となる特徴と共通点がありました。

その彼氏がいくら頑張っても欲しいのにできない独身の社会人の女性の秘密や、男性と恋愛したくても交際相手がいない理由を今すぐに、恋人になる両方の気持ちがわかるバイセクシャルの私「TOSHI」と一緒に解決していきましょう。

出会いの場所がないから彼氏ができないのでは原因はありません

彼氏が欲しい女性のための容姿や顔面偏差値チェック!すぐに自分でできる点数診断

注意事項

まずは、出会いがないと嘆く前に、彼氏を探している、これから欲しい社会人の女性自身が自分自身がでどれくらいの自分の容姿の評価をしているのかを、恋愛は独身で恋人を作りたいなら冷静に判断する必要があります。

この点数診断チェックの心理テストの方法は非常に簡単で誰にでもすぐにできます。

しかし、じっくりと時間を掛けて素直に理由を考えて客観的に割合を踏まえて30代、40代になっても女子が自分の外見や容姿や特徴を見つめ直して点数を付ける必要が、本当に恋愛したい!ボーイフレンドが純粋な気持ちで欲しいならあります。

交際相手でもない男性からの評価は腹が立つかもしれませんが、女子は焦らずに彼氏が何故、できない理由を考えた自分での顔面偏差値チェックですから、これは自分が思っている通りに点数を付けて良いのです。

しっかりとルールを守って自分の世間的な評価を点数診断しましょう

  • 芸能人やタレントである女優やモデルも含めた世の中の全ての女性を100点以内に納めなくてはいけません
    (例:北川景子さん、石原さとみさん90点、ガッキーや綾瀬はるかさんが80点等)
  • 顔はもちろん身長や体重やスタイルも含めて考えましょう
  • 現在の職業や貯金、家庭環境も踏まえて点数を決めましょう
  • 人から言われた評価ではなく、自分で何点か決めましょう

0点~20点と自分を低く設定した女性は一生、彼氏ができない?

診断を10点台と自己採点した女性

まず、10点以下に自分を設定した女性がこのサイトに来るとはTOSHIは思えません。

何故なら、過去にも彼氏が一度でも欲しいと願っている恋人がいない女性の中で、10点以下に自分で点数を付けた方は、恋愛の特徴としてほとんど割合的にもいないからです。

しかし、万が一、自己採点がそうであるのなら仕方がありませんが、理由なく出会いが全然ないわけでも、一生彼氏がずっとこのままできないわけではありません。

まずは10点台の社会人の方は、彼氏が欲しいと願う前に、独身なら40代までに最初に自分のことを好きになりましょう。

それができるようになれば、自ずと道は開けてくるはずです。

心理テストによればブサイクでバイセクシャルな男性の私でもボーイフレンドができるのですから大丈夫です。

診断を20点台と自己採点した女性

心理テストが100点満点で20点以下となると中々、低い設定となります。

社会人は自分で決めていいのに、このくらいですと何らかの理由で、彼氏をすぐに作るには自信がないことが伺えます。

顔なのかスタイルなのか、性格なのか交際相手がいない出会いがほとんどない理由はわかりませんが、まず最初に今、30代で彼氏が何年もできない女子の原因として挙げられるのは、焦ってはいても必要以上に自信がないことです。

ちなみにバイセクシャルでぽっちゃりで顔はただのオッサンのTOSHIも最初はこのくらいの点数を自分で付けていました。

30点から40点と判断した彼氏が欲しい女性の注意点

診断を30点台と自己採点した女性

この普通よりちょっと下だけれど、最下層ではないと自分の評価を下した彼氏がしばらくできないアラサーの女性としては本当に、様々な理由から焦らずに冷静に判断できています。

しかし、TOSHIが思うにこの層の特徴は逆にドライになり過ぎている部分があったり、慎重になり過ぎているのかもしれません。

心理テストではあまり冒険をしない傾向だったり、受け身のまま恋愛が終わってしまうケースが多くあります。

恋愛はどんな理由でも、ボーイフレンドができないのに、出会いがずっとないのに何もしない事が一番の失敗で悔しい思いをすることになります。

私は男性も女性も両方好きになったことがありますが、告白をしなかったことはありません。

診断を40点以下と自己採点した女性

実は40点と診断する女性が最も多くいるのです。

これは中の下の普通くらいかな?という判断ですが、TOSHIからしてみれば、謙遜し過ぎです。

はっきり言って年齢関係なく割合は、一般社会ではクラスに一人いればいい方の普通より可愛いという部類に当てはまるからです。

ここが本当に男性に対して本気で動けば、すぐに社会人でも彼氏が昔から欲しいならばできるでしょう。

30代独身が恋人を作るには問題は何よりも、交際相手ができないなら行動するかしないかなのです。

何もしなければ、このまま女子が一生彼氏が欲しいのに恋愛もできないまま終わってしまうでしょう。

普通より上の50点~60点の女性が彼氏ができない理由

診断を50点台と自己採点した女性

なぜ、どんな理由で普通より上なのに彼氏を望んでいるのに欲しいのにできないのでしょう?

この層が一番、気が付けば最後まで残ってしまいがちなことが、TOSHIが今まで見てきた特徴です。

何故なら普通よりも心理テストで上だという恋人ができないくいプライドが割合高くあるからです。

男性はプライドが高い女性を苦手とする人は、けっこう多くいることを交際相手がずっと独身でいない社会人なら出会いが最近ないと文句を言う前に理解しましょう。

診断を60点台と自己採点した女性

高校生の頃から学年で一番の可愛い子で男子から持て囃されるレベルが60点代です。

当然のことながら、TOSHIが推測するに彼氏にならなかっただけで、恋愛は社会人になってもモテたことがないわけがありません。

この理由に身に覚えがなければ、それは焦りから自分を心理テストで過大評価してしまっているということです。

70点~80点は学校に一人いるかいないかの美女です

診断を70点台と自己採点した女性

割合的には、70点台というのは学校に一人いるかいないかの、彼氏がかなり欲しいけど全然できないはずがない美女ということになります。

本当に貴方はそうでしたか?いくら自己採点とはいえ客観的に心理テストで見えてなければそれは社会人として問題でしょう。

ボーイフレンドが中々できない理由はそういう特徴や部分が、交際相手として恋人にはしたくないと影響しているのかもしれないとTOSHIは判断します。

診断を80点台と自己採点した女性

芸能人やモデルとしてスカウトされたり、独身の20代なら街を歩いていれば男性から声を掛けられたりするようなレベルの女性が80点台です。

割合的には10万人の中で一人くらいになるのではないでしょうか?

心理テストで80点台の女性とはそういうことですので、理由は解りませんがTOSHIはあなたは、彼氏欲しさのあまり、もしくは出会いがない恋愛に対する焦りで社会人にはあるまじき嘘の診断をしてしまったと思います。

90点から100点の芸能人クラスなのになぜお一人様?

診断を90点台と自己採点した女性

名前を挙げた女優さんたちと同じか、それ以上の点数を自分で付けてしまっている所が、彼氏が自然と欲しいにも関わらずできない原因なのではないでしょうか。

FaceookやTwitter、Instagramなどで見られるような勘違い女とはおそらくあなたのことです。

TOSHIからしてみれば、恋愛の心理テストにもかかわらず必要以上に自分のことを可愛いと思っている30代にもなって世間知らずの芸能人気取りの女は一番、社会人の男性にとって面倒臭い存在ですし、絶対に恋人にはしたくありません。

出来れば、理由がなければ近寄りたくなく、ボーイフレンドなんてもってのほかで距離を置きたくなってしまうのも仕方がないことです。

診断を100点と自己採点した女性

はっきり言って割合を考えても勘違いでしかありません。

冷静に自分を客観視できていない理由で、ずっと独身で彼氏が欲しくても縁がなくできないのです。

最初に、TOSHIがルールとして数々の美しいタレントの女性を比較対象として並べているのにも拘らずです。

それよりも点数が高いというのは自己採点でも問題があります。

人の話を聞かなかったり、ルールを守らなかったりする傾向にあるでしょう。

また、恐らく彼氏にはなりませんが、男性からの点数は自分が思っているよりも遥かに低くなることが伺えます。

ただ、どんな理由でもあなたは心理テストではポジティブで恋愛だけでなく前向きな特徴なのでしょうから、そこまで彼氏もできずに40代で社会人として出会いが少ないのにも関わらず売れ残っても、焦って交際相手に悩む必要もないのではないでしょうか?

女性ファッション誌の恋愛のHow to は女性目線でしかなく男性から見ると嘘ばっかり

バイセクシャルのTOSHIから見たら、本当に嘘ばっかりで嫌になっちゃうような若い小娘が書いた恋愛の記事ばっかりです。

今ある有名なananやViViやAneCan、JJやOggi、ELLEやVOGUEなど女性ファッション誌があります。

そこで編集に関わる女性にTOSHIは知り合いもたくさんいますが、お洒落でなくて可愛くないブスなんて見たことはありませんし、どんな理由でも30代の社会人で彼氏がいない理由はバイセクシャルの私から見れば、今は交際相手が必要ないだけで代わりの男はいくらでもいます。

そんなリア充の女性が本当にモテない女の子の気持ちなんてわかるわけがないのです。

しかも、ほとんどが使い古された恋人作りのネタを今風にアレンジして書き直されたもので、何年も前と内容はほとんどの割合で変わっていないのです。

簡単に言えば、独身が焦ってボーイフレンドが誰でもいいから欲しい!作りたくてもできない女性の出会いがないあるあるネタをまとめただけのものであって、それは男性からしてみれば嘘ばっかりです。

最近の女性用のまとめ記事には掲載されていない、リアルなTOSHIのような男性しかわからないことが全然、書いていません。

なぜなら、TOSHIの様なブスのバイセクシャルな40代のオッサンとは違って、編集者で働く女性なんて特徴なく、そこそこ可愛くて、昔からそこそこチヤホヤされてきて、常に交際相手が居る特に男には不自由をしていない様なリア充ばっかりです。

はっきり言って理由は、女性誌の編集者や記事のライターは、ほぼ95%以上女性で本当の男性の目線ではありません。

女性から見た意見や目線でしかないのです。

そのような実際の恋愛では全く役に立たない、女子TOSHIから見ればそれは、むしろマイナス効果なものではなく、本当の男性の社会人の30代の声をしっかりと出会いが全くない現実とともに受け止めていくことが彼氏が欲しくて仕方がないという希望を叶えるための一番の近道になるでしょう。

雑誌やネット紹介されている出会いの場所ではあなたは出会えない?

職場

今、現状で働いている勤務先に彼氏ができるなら欲しかったり、恋人にしたいと思える独身の男性の数はどれくらいいますか?

その中で、結婚している男性はどれくらいいますか?

これから新入社員は入ってきますか?入ってきたとしても、OLでも派遣社員でも現在既に職場で勤務している貴方よりも年下である確率が高くなります。

正直な話、今の段階で目ぼしい男性がいないのであれば、あなたがこれから先に職場でボーイフレンドを作ることは、絶対人数的にかなり難しいでしょう。

もちろん、女性も30代で転職をしたり、これからバイトを始めたりと、恋人を探しに新しい場所に行くのであれば、その数だけ社会人は出会いの場所は増えます。

しかし、特にそういった予定がなければ、職場での交際相手との恋愛や運命的な出会いの可能性はかなり割合は薄いと言えます。

TOSHIの意見として言わせて貰えば、出来る限り職場での面倒なことは理由はどうであれ交際相手の女子としては、彼氏が欲しい社会人であれば余計に避けたいと思っているのが本音です。

職場での出会いなんて今ないならこれから先もあり得ません

友達の紹介

今まで、何人の友達があなたに男性を出会いがないからと紹介してくれましたか?

過去に友達のOLの女性が、彼氏候補の男性を誰かを紹介してくれた経験があるのであれば、これから先もあるかもしれません。

しかし、これから歳を重ねるごとに友達もなかなか簡単には、紹介はしてくれなくなるでしょう。

その理由は年齢と反比例して単純に余っている独身者が少なくボーイフレンドの候補として紹介するには選択肢がなく無理がもうあるからです。

また、過去にリア充の友達から男性を紹介されたことがない社会人の女性は、これから先いくら出会いがないで交際相手が欲しくても、もうコマは30代40代ともなると残っていないと考えることが冷静な判断です。

駒がなければ、いくら紹介を希望してもしつこいと思われるだけなので諦めましょう。

新たに独身の友達や知り合いが増えれば、交際関係からコマや割合は増やすことはできるでしょう。

ただ、TOSHI目線で言うと、女子の友達の恋人の紹介は断るのが気まずくなることも理由として考えてしまいますし、恋愛の交際相手としては簡単にはOKとは言えないのが現実です。

友達に彼氏が欲しいと紹介して貰えるほどのスペックはありますか?

SNS

LINEだけでなくTwitterやFacebookやInstagramなどのSNSは最早、女子が彼氏を作るには実生活と同じくらいのプライベートな空間です。

本アカで社会人が出会いの場所とするにはかなりのリスクが伴う事が予想できます。

もちろん、昔の学校の同級生や地元の友達などとも社会人になってからでも、割合上手く男性と繋がることはできますから、今の段階で登録していないのであれば、独身でボーイフレンドが欲しいのであれば、交際相手を探すアカウントを作る価値はあります。

既に何かしらのSNSに登録している場合は、本気で出会いの場所として利用するのであれば積極的にいいねを押したり、コメントを残したりしていく事が良いでしょう。

リア充達の温床のSNSでも現実社会と一緒で自分から、恋人になりたいのであればアプローチしたり何かしらの、交際相手がなかなかできないアラサーの女性がアクションを起こさない限りは、理由なしに何も起きることはないでしょう。

男性も一番、本気度が高いのはFacebookになるのは、TOSHI的にも間違いないでしょう。

裏垢を恋愛の目的で使うのであれば、アメーバピグやmixiなどが定番ですが、彼氏が今の環境で欲しいなら女子としては今更感もあります。

SNSで「いいね」はどれくらい押されていますか?

コンパや飲み会

そもそもコンパにどれくらいの回数行った事がありますか?

現在も交際相手が出来ずにコンパに誘われているリア充であれば、当然、出会いがないなら行った方が彼氏が自然とできる確率は上がるでしょう。

そもそも社会人でも、お酒を飲むのが嫌いだったり、コンパのノリが嫌いという女性は無理をして行ってもと思っているかもしれません。

しかし、TOSHIからすればコンパに来ている時点で何かしら、独身の女性は、ボーイフレンドを欲しがっている、求めているんだという勝手な恋愛の想像をしています。

逆に積極的に動くことが苦手な女性こそ、出会いがない30代でもコンパに参加した方が良いでしょう。

年齢やノリがわからないとか理由は気にせずに、彼氏が欲しい女性はその場に居るだけで男性からすれば、恋人作りの選択肢に割合多く含まれます。

コンパや飲み会にそもそも誘われていますか?

同窓会

一般的には同窓会は出会いの場ですが、あなたにとってはどうでしょうか?

もう既に何度か同じ面子で開催されていて、特に恋愛に発展するような気配がない場合は、この先も彼氏が欲しくても期待できないかもしれません。

理由は当然、男性が一番、同窓会で盛り上がるのは、ボーイフレンドが社会人になった女性のギャップ=変化している姿です。

確実にTOSHIから言えるのは初回が一番大切ですので、交際相手を作るために気合を入れて行く価値は十分あるでしょう。

もう既にみんな結婚してしまっているという場合もすぐに、40代だから出会いの場所はないし、彼氏にはできないと恋人は諦める必要はありません。

また地方の場合は、女子は彼氏が欲しかったと言うよりも早い段階で結婚していた人も離婚して独身になっている可能性も高い割合であります。

同窓会なんて昔のあなたを知っている人ばかりです

お見合いパーティー

今の時点で、女子として彼氏が居る訳ではないで出会いがないのにあなたはお見合いパーティーに参加しない何かしらの理由があるのではないでしょうか?

一つTOSHIが考えられるのは、まだどこかで、独身は嫌でボーイフレンドを求めているけど自然の交際がしたい恋愛がしたいと思っているのではないでしょうか?

男性でお見合いパーティーまで辿り着いた層は、もう自然な出会いからの恋愛結婚は既に諦めている可能性が高いでしょう。

そこで誤差が生じてしまう可能性がありますが、一度、アラフォーの社会人で交際相手が作りたいなら参加してみる価値はあると言えるでしょう。

しかし、テレビドラマや女性ファッション誌に恋人探しの特集されているような華やかなものではなく、実際の30代のお見合いパーティーはもっと殺伐としている印象がかなり割合としては高いです。

お見合いパーティーに彼氏が欲しいと参加できる勇気があれば良いでしょう

結婚相談所

働いていたTOSHIから言わせれば、男性の結婚相談所の登録者ははっきり言ってしまえば、出会いがない女子にとっての彼氏というよりも独身者で家庭環境や社会的な立場などの理由から本気で結婚をする相手を探している段階の層です。

知り合うきっかけとして結婚相談所を考えている男性はかなり少ないのです。

今の段階であなたが、まだ結婚を考えておらずボーイフレンドを見つけたいという段階であるならば、恋人がいない30代の社会人の女性は余程いい人と出会わない限り、なかなか交際相手としてその先に恋愛が進む割合は高くはないでしょう。

結婚相談所は彼氏が欲しいあなたにはまだ早すぎるのではないでしょうか?

クラブ

今までクラブに行った経験があるのであれば、好き嫌いはわかっているのではないでしょうか。

好きであれば積極的に社会人の彼氏がいない女性は、出会いの場所として利用しましょう。

新木場・ageHaでは日本最大級のクリスマスパーティー「サビシンボナイト」などが恋人ができない男女のために毎年行われていますし、客数も多いため夏にも同じようなイベントが同クラブで開催されています。

このような目的がはっきりしているクラブのイベントであれば音楽が好きでなくても、一人でいればボーイフレンドが居ても居なくても、その場でナンパで繋がる割合は高くなくても、出会いがないアラサーやアラフォーになったとしても声を掛けられない事はないでしょう。

もちろんTOSHIのように一人で参加する勇気があればよいですが、クラブのイベントは独身の友達と二人で参加した方が恋愛をしたい女性は無難でしょう。

交際相手を欲しがっているなら理由はどのイベントでも男性も二人組がかなり多くいるからです。

彼氏が欲しいと悩んでいるあなたにクラブに遊び行く友達なんかいますか?

ライブハウス

好きなアーティストやお笑い芸人などが居れば、彼氏ができそうにないと悩んでいるだけでなく、出会いがないからという理由はともあれライブハウスに積極的に足を運ぶことで、かなりの確率で友達や仲間として男女でもスタートを切りやすくなります。

既に同じ趣味を持っていることから恋愛に発展しやすいことが理由であり、成功しやすい特徴です。

初心者だからと言って気兼ねする事はなく、特に男性は女性に知識を教えたい生き物なので、社会人はライブハウスは出会いの場として、ボーイフレンドが欲しくてしょうがないなら作るにもかなり高い割合でおすすめです。

しかし、興味がなければ本当につまらないですので、恋人としてではなく興味があるものから探しましょう。

独身で彼氏作りが目的ならライブに参加したら写真などを取ってinstaやTwitterでタグ付けをして投稿しましょう。

そうすることで、TOSHIがやるべき女子テクニックですが、その場では、彼氏としては知り合えなくても後から連絡を取ることもできますし、同じ空間に居たという意識が産まれます。

ライブで本気で盛り上がれるほど好きなアーティストが居ますか?

野外フェス 野外イベント

フジロックやサマーソニックやライジングサン、ROCK IN JAPAN FESTIVALなど夏だけではなく毎月の様に野外フェスが行われています。

こういった野外フェスや野外イベントは出会いの場所としても、アラフォーのTOSHIも良く行きますが、女子の彼氏探しにも使われています。

もちろん音楽が好きであったりお酒が好きでないと、ボーイフレンドが目的では行けないという決まりはありません。

女性で彼氏が欲しい気持ちは置いといて、男性も社会人にとって野外は気持ちも理由なく割合、開放的になりますので、泡パーティーなど今まで参加したことがないのであれば、出会いがない恋愛を求めている独身者が集まる恋人作りのきっかけとして足を運んでみましょう。

野外フェスに一緒に遊びに行ける知り合いいます?

ナンパ

今までナンパされた経験はありますか?

夏の海に行けば、余程の外見がTOSHIのようにブスなどの理由でない限り、独身でも既婚でも彼氏が居ても居なくても、男性との出会いがないことやナンパはされないことは、ほとんどないのではないでしょうか?

冬のスキー場やスノーボード場でも、恋人がいてもいなくても30代の女性でもナンパはあります。

しかし、圧倒的にボーイフレンドがすぐに欲しい願望を叶えることなるかはわかりませんが、海のナンパの方が多いでしょう。

街でもナンパスポットと言われる場所は地域ごとに存在しますので、恋愛したい社会人の女子で彼氏ができなそうと悩んでいるのであれば、場所を調べていけば声を掛けられない割合は、ほぼないのではないでしょうか。

今まで生きてきてナンパされた経験ありますか?

社会人サークル

スポーツや趣味などがあれば彼氏が作りたいなら社会人サークルを探してみましょう。

やはりアラサーの女性が自分が好きなものや興味があるものでなければ、そもそも出会いがないと参加した理由などを問われた時にボーイフレンドが欲しいでは困りますし、TOSHIもそうですが足が重くなるので難しいでしょう。

彼氏を見つけたいならミクシーやネットの掲示板などでも、男性はコミュニティや恋愛の相手を探して、独身の社会人サークルは、割合、女子は簡単に恋人を見つけることができます。

社会人サークルに入る程の趣味がありますか?

田舎

圧倒的に田舎では出会いの場所だけでなく、いくら彼氏を希望している状態でも絶対数が少ないと言えますので、独身の30代や40代の女性で特に場所に拘る理由がないのであれば、人口が多い方が確率は増えます。

いくら田舎で頑張ったとしても、社会人は知り合いと繋がってしまったり、家族や友達に交際相手も近くてバレてしまったりする事が考えられます。

コンビニまで車で30分掛かるようなTOSHIの地元の様に確率はやはり田舎に行けば、男性の割合は低くなってしまうので、近くの主要都市で出会いの場所をボーイフレンドがどうやってもできないなら、恋愛の目的の女子は他で恋人は探した方が早いでしょう。

彼氏が欲しい希望はあっても田舎では正直、人数に限界があります

このページの先頭へ